現時点でつかえる被災者支援情報リーフが発行されました

 共産党仙台市議団から、仙台市在住の被災者の皆さんが現在の時点で使える制度をまとめたリーフレットが発行されています。
 できるだけ多くの方にご覧になって欲しいと、仮設住宅や在宅被災者の方が多く住む地域にはポストインでお配りしたりしていますが、民間の貸家やアパートなどいわゆる「みなし仮設」にお住まいの方々には行き渡らないのも実情です。
 このブログをご覧になった方で、リーフレットをご覧になってみたい方は、ぜひ、ボランティアセンターにお電話ください。郵送や直接お持ちすることをふくめ、お届けいたします。
 また、若林区藤田地区での「支援物資お届け会」(前回のブログ参照)の口コミ情報で多くの方が参加してくだされば、会場でお渡ししたいとも考えています。
 ところで、DSC_0066.jpgその後も支援物資の提供が相次いでいます。
 まず栃木の共産党の組織から24日到着で物資を送る連絡があり、続いてこのブログをみた横浜の方が「何か送りたいのですが」と電話をくれました。そして今日は埼玉の共産党の方が「ひな人形、ご入り用な方いらっしゃいますか」~答えはもちろん「ぜひ、送ってください」です。 
 この分では、26日の「お届け会」はずいぶん幅広いジャンルの品が用意出来そうです。全国の皆さんに心から感謝するとともに、被災者の皆さんには遠慮なく参加して下さることを呼び掛けたいと思います。
 さらにもう一つお願い~このブログのコメント欄に「こんなものが欲しい」とか「こんなことで困っているんだけど」など、率直なことを書き込んでください。双方向の情報のやり取りの中で、もっともっと皆さんの生活再建のお手伝いが出来ればいいなと思っています。よろしくお願いします。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ブログ開設おめでとう

山形の阿部です。本日私の勤務する山形県最北地区委員会にはがきが届いて
いました。ボラセンのネットニュースが中断してから、状況がわからず心配してい
ましたが、地区委員会で知らせてくれるのは大変ありがたいです。
ついでで申し訳ありませんが、被災地には多くの立ち枯れの杉の木があります。
今度行く機会があれば倒れて危なさそうなのを切ってあげようかと思っているので
すが枯れた杉の木の処分方法を仙台市に問い合わせると、焼却場持ち込みで、
「100キロ1000円いただく」だそうです。何とかなりませんかね。
  • 阿部孝司
  • 2012/02/23(Thu)09:21:31
  • 編集

当ブログについて

仙台市泉区・宮城野区・若林区を主な活動域にする、地区委員会のブログです。
タイトル写真は2012年若林区荒浜からの初日の出です。

<<ツイッターはじめました>>


<<フェイスブックはじめました>>

最新CM

[05/19 鹿嶋市の一市民]
[08/12 Smithc405]
[06/25 StanleyCox]
[10/09 榴ヶ岡のオジサン]
[08/26 江藤太郎]

ブログ内検索

バーコード