白鳥飛来!

今日の仙台は寒冷前線が次々に通っているのでしょうか?さわやかに日がさしていたかと思うと、いきなり大粒の雨がおちる~そんな不安定な晩秋の天気。しんぶん赤旗の配達中に、田んぼで渡り途中の白鳥の群が落穂をついばんでいる脇を通りました。人なれしているのか、よほど腹がへっているのか、近づいても逃げません。ここは海岸線から数百メートル。津波後、今年はじめて米が作れた田んぼです。去年、一昨年はヘドロに埋まり落穂さえ無く、渡り鳥が舞い降りようともしなかった田に、ようやく帰って来てくれた白鳥たち。こうやって少しづつ、自然と人間の営みが調和した姿が戻ってきてくれています。
支援のスピードをもっとあげないと、自然には回復力があるのに、人間のほうが田畑に取り組むことを諦めてしまいます。



この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

当ブログについて

仙台市泉区・宮城野区・若林区を主な活動域にする、地区委員会のブログです。
タイトル写真は2012年若林区荒浜からの初日の出です。

<<ツイッターはじめました>>


<<フェイスブックはじめました>>

最新CM

[05/19 鹿嶋市の一市民]
[08/12 Smithc405]
[06/25 StanleyCox]
[10/09 榴ヶ岡のオジサン]
[08/26 江藤太郎]

ブログ内検索

バーコード